1. HOME
  2. Our_Science
  3. PRIME Technology

PRIME CAR-T

CAR-T細胞療法

CAR-T細胞とは、遺伝子を導入する技術を用いて作製する細胞で、がんを高感度に見つけ出し、かつ強力に攻撃する能力を持っています。実際には、T細胞と呼ばれる白血球の一種を血液から取り出して、そこにキメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor: CAR)と呼ばれるがん細胞を見つけるアンテナの役割をもつ人工的な遺伝子を導入し、1~2週間程度体外で培養して増やした後に患者さんに投与します。CAR遺伝子を導入されたCAR-T細胞は、がん細胞の目印となるがん抗原を認識し、これを標的として攻撃します。

CART_Scheme

患者さんから採取したT細胞にCARを遺伝子導入し、体外で増やした後に投与することで、体内のがん細胞を攻撃してがんを治療します

CART_attack

     CAR-T細胞はがん抗原を認識してがんを攻撃します

CAR-T細胞療法の開発経緯


CAR-T細胞療法はこれまでに血液がんに対する治療法として開発が進められ、特にB細胞性の白血病やリンパ腫に高発現しているCD19抗原を標的としたCAR-T細胞療法は良好な臨床試験の結果を示しました。その結果、これらの血液がんを対象として2017年には米国FDA、2018年には欧州EMAにて承認され、日本国内においても2019年3月に薬事承認されました。

このようにCAR-T細胞療法はがんに対する有効な治療法となる可能性のあることが示されてきました。その一方で、血液がん以外の固形がんに関しては、未だ優れた治療効果を示すことが出来ていません。実際、固形がんを標的としたCAR-T細胞療法は各国の研究機関や製薬企業にて開発が進められていますが、未だ承認されたものはありません。固形がんに対するCAR-T細胞療法の開発が難しい理由として、下記イメージのように血液がんの場合と異なる点が知られており、固形がん局所へのCAR-T細胞の送達性及び固形がんの不均一性 (tumor heterogeneity)が課題とされています。
 
 
固形がんに対するCAR-T細胞療法の課題

ノイルイミューン・バイオテックの取り組み

固形がんに対して効果を発揮しうる次世代のCAR-T細胞技術の開発は世界中で強く求められています。ノイルイミューン・バイオテックが有するPRIME (Proliferation-inducing and migration-enhancing) 技術は、CAR-T細胞及びその他の免疫細胞のがん局所への送達性を向上させ、生体内にて宿主の免疫システムを活性化することにより、多様ながん抗原に対する免疫応答を誘導して固形がんの不均一性に対応します。当社ではPRIME 技術を利用して、真に固形がんに効果のあるCAR-T細胞療法の開発を目指しており、安全かつ有効な治療法をすべてのがん患者さんに迅速に届けることを目指して、研究・開発を推進しております。


PRIME CAR-T細胞療法

以下は従来のCAR-T細胞療法と当社の有するPRIME CAR-T細胞療法の相違点を示したイメージ図です。
 
従来のCAR-T

 

PRIME CAR-T
従来のCAR-T細胞療法を投与した場合、十分なCAR-T細胞を固形がんの組織まで届けることは困難と考えられます。またCAR-T細胞は特定のがん抗原を発現したがん細胞を選択的に攻撃することができますが、がん抗原を発現していないがん細胞を攻撃することはできません。

一方で、PRIME CAR-T細胞療法ではCAR-T細胞がインターロイキン-7 (IL-7)とCCL19を産生するように改良しています。IL-7とCCL19は体内のリンパ節においてT細胞や樹状細胞が豊富に集積しているT細胞領域と呼ばれる部分に存在する細網線維芽細胞(fibroblastic reticular cell)が産生する免疫調整物質であり、T細胞領域の形成に重要な寄与をしていると考えられています。またそれぞれの機能として、IL-7はT細胞の増殖や生存維持を促進すること、CCL19はT細胞や樹状細胞の遊走能を向上させることが知られています。

動物モデルでの検討では、PRIME CAR-T細胞は固形がんを有するマウスに対して静脈注射での投与にて従来のCAR-T細胞よりも顕著にがん組織に集積し、極めて高いがん治療効果を発揮することが報告されています。(Nature Biotechnology, 36(4):346-351, 2018)。また、PRIME CAR-T細胞による治療により固形がんをいったん拒絶したマウスにおいては、CARの標的抗原を有するがん細胞のみならず、標的抗原を欠損した親株のがん細胞に対しても長期間の再発予防効果を有することが示されています(同論文)。


PRIME CAR-T細胞療法の概要についてはこちらをご覧ください