1. HOME
  2. Our_Science
  3. Our Challenge

ノイル技術の汎用性と拡張性

Our Approach

ノイルイミューン・バイオテックではがん免疫療法の開発を進める上で、我々の持つ技術を駆使し、真に有効な新たな治療技術を開発することをモチベーションとして事業を行ってまいります。自社ラボでの独自の研究開発を進める一方で、アカデミアとの連携や、バイオベンチャー及び製薬企業との業務提携を積極的に進めることで、自社技術の応用や新規プラットフォームの創生など、新たな展開を生み出してまいります。

以下にその取り組みの一部を御紹介いたします。













PRIME技術の汎用性と拡張性について

PRIME技術はT細胞及び宿主免疫系に働きかけて腫瘍細胞への攻撃性を高めることができることから、様々ながん免疫療法に適応可能なプラットファーム技術と考えられます。ノイルイミューン・バイオテックではTCR-T細胞療法を始めとしたその他の細胞療法においてもPRIME技術を導入する試みに取り組んでいます。 多様なコラボレーターとの連携によりこれらの試みを実施することで対象とするがん種を拡大できるようになり、それにより多くのがん患者さんへ有効な治療法を届けることが実現できると考えています。


PRIME技術の応用性と拡張性









応用例




Noile's Application

TCR-T細胞療法

CARの代わりにがん抗原特異的なTCRをT細胞に遺伝子導入して、特定の抗原を発現した腫瘍細胞を攻撃するがん免疫細胞療法です。

TCR-T細胞療法にPRIME技術を導入することで治療効果の増強が見込まれます。

Noile's Application

他家CAR-T細胞療法

患者さん自身のT細胞からCAR-T細胞を製造して投与する自家CAR-T細胞療法ではなく、他人のT細胞からCAR-T細胞を製造してがんの治療に用いる方法です。事前に製造しておいた他家CAR-T細胞のストックを用いて、必要な時に速やかに患者さんへと投与できるのが利点です。良質なT細胞から大量のCAR-T細胞を製造しておけば、製造に関する費用を軽減できることも可能と考えられます。

ただし、他家CAR-T細胞療法では骨髄移植や臓器移植と同様に拒絶反応が起こり得るため、投与する他家CAR-T細胞についてはあらかじめゲノム編集などにより拒絶反応を抑える工夫が必要になります。

他家T細胞療法にPRIME技術を導入することで治療効果の増強が見込まれます。

Noile's Application

腫瘍溶解性ウイルス療法

がん細胞に感染して細胞死を誘導する腫瘍溶解性ウイルスにPRIME技術を導入することで治療効果の増強が見込まれます。

CAR-T細胞の大量培養自動化システムの構築

現在、CAR-T細胞療法に使用される細胞の多くは培養士による手作業で製造されています。我々はCAR-T細胞培養に関する豊富な経験に基づき、CAR-T細胞製造プロセスの自動化の試みを進めています。自動化により、均一な品質の担保や製造工程の連続稼働などを実現し、高品質なCAR-T細胞の大規模製造及び製造コストの軽減を目指しています。